脊柱の問題の1つに、「側弯症」があります。

学校の健康診断で、脊柱の欄にチェックがつき、

「整形外科を受診してください」という案内がくることもあります。

しかし、そこで「側弯症ですね」と言われて、ピンとくる方・・・少ないのではないでしょうか?

また、どんな治療が必要になるの?

手術が必要なの?

という心配もつきまといます。

実はうちのこどもも・・・

小学3年生の息子も先日健診で指摘され、病院で「脊柱側弯症」と診断されましたが、同じクラスにも同様にに診断された子が数人いました。

そこで今回は、側弯症(読み方は「そくわんしょう」英語表記で「Scoliosis」)について

  • 原因
  • 症状
  • 診断
  • 治療
  • 手術が必要な場合

などをイラストと実際の息子の写真、さらには大人のCT、レントゲン画像を用いて解説したいと思います。

Sponsored Link

側弯症とは?

通常は、まっすぐ腰から首まで伸びている脊柱が、左右どちらかにねじれ(回旋変形)している病態をいいます。

漢字では、「側弯症」とも「側彎症」とも「側湾症」とも書きます。

上半身裸になり、まっすぐ立ち後ろから見ると、左右どちらかの肩甲骨が下がっていたり、背骨がまっすぐでないのと確認できます。

側湾症の原因は?

この側弯症は、原因によって

  • Ⅰ:特発性
  • Ⅱ:神経筋原性
  • Ⅲ:先天性
  • Ⅳ:神経線維腫症
  • Ⅴ:間葉系異常
  • Ⅵ:関節リウマチ
  • Ⅶ:外傷性
  • Ⅷ:脊椎外拘縮
  • Ⅸ:骨軟骨異形成症
  • Ⅺ:骨感染症

に分類されます。

とくに特発性が約70%を占めます。

特発性側弯症とは?

  • 乳幼児(0〜3歳)
  • 学童期(3歳〜10歳)
  • 思春期(10歳〜)

と年代が分けられますが、骨が成長するにつれ、脊柱が側方にねじれながら湾曲していくケースです。

詳しい原因は不明ですが、個々の椎骨の形状には問題なく、脊柱の連結異常によって生じるといわれています。

男女比では、女児に多い傾向があります。

神経筋原性側弯症とは?

神経原性・筋原性とがあり

神経原性では、上位ニューロン障害と下位ニューロン障害に分けられ

  • 上位ニューロン障害では、脳性麻痺・脊髄小脳編成症・脊髄空洞症・脊髄腫瘍・脊髄損傷
  • 下位ニューロン障害では、ポリオ・その他のウイルス性髄炎・脊髄髄膜瘤

があります。

筋原性では、多発関節拘縮症・筋ジストロフィーなどが原因となります。

先天性側弯症とは?

原因不明の先天性疾患で、

  • 胎生期に椎体の形成異常が起こった
  • 椎体同士が癒合する分節異常を生じた

ことなどで、側弯や後弯などの脊柱変性が起こりますが、その際、心臓や腎臓など他の臓器の奇形を合併することが多くあります。

以下では、とくに多い特発性側弯症について述べていきます。

側弯症の症状は?

  • 肩の高さの左右差
  • 肩甲骨の突出
  • 腰の高さの非対称
  • 胸郭変形
  • 肋骨や腰部の隆起

など、体幹の非対称性が確認できます。

しかし、本人には自覚症状がなく、指摘されて初めて気づくことがほとんどです。

中には、思春期以降の成人に発症することもあり、その場合は、腰痛や神経麻痺などをきたすこともあります。

側弯症の診断は?

上記で説明した臨床症状(所見)の他、X線検査MRI検査などを行い診断します。

また、前屈テスト(前屈する)で、脊柱の観察をします。

側弯の程度を見るため、全脊椎の立位正面と側側から計測するコブ法側弯度・コブ角を計測)が行われます。

息子(小3)の場合
側弯症としては軽度なものではありますが、ご自宅でお子さんの状態を確認する際の指標とされてください。

息子の場合は、パッと見た目では、右の肩甲骨が下がっているのが確認でき、X線でもそのように見えました。

しかし、整体に行き、どのようになると脊柱がまっすぐなるのかと、骨を触っていたところ・・・

右肩甲骨を動かそうとすると、右は正常な位置にあり、左の肩甲骨の突出から、左肩が上がりすぎていることがわかりました。

症例 40歳代男性 スクリーニング

レントゲンで胸椎が右側(向かって左側)に彎曲してることがわかります。

側彎症と診断されました。

右側の画像はこの方のPET画像(FDG-PET)です。
FDGは骨髄への集積を認めますので、椎体の形もよくわかりますね。

症例 60歳代女性 スクリーニング

胸腹部CT(造影剤を用いない単純撮影)の冠状断像(前から見た図と思ってください)です。

胸椎及び腰椎に彎曲を認めていることがわかります。

側彎症と診断されました。

こちらの症例を動画でチェックする。

側弯症の治療は?

軽度の特発性側弯症では、保存療法が選択されます。

運動療法(体幹ストレッチ)を行い、経過観察します。

癖がある場合には、癖の矯正(寝方、荷物の持ち方、向き癖等)します。

また進行例(コブ角が25°を越える例)では、装具療法として、アンダーアーム型コルセットなどで、弯曲の矯正や矯正位の保持を行います。

しかし、中には手術が必要となることもあります。

側弯症の手術は?

コブ法で

  • コブ角 10~25°→経過観察
  • コブ角 25~40°→装具療法
  • コブ角 40~50°→以上手術療法

と、年齢や状態によって何度で手術になるかは、医師の診断により微妙に誤差はあります。

とくに、成長期と成熟期では異なり

  • 骨成長期(小児期まで)で40〜50°の場合
  • 骨成熟後(青春期以降)で50°を越える場合

手術適応となります。

手術方法

手術は、

  • (前方法)体幹の側側を切開し、椎骨を金属で固定
  • (後方法)背側を切開して、椎骨の後方を金属で固定
  • (前後合併法)前後の方法を合併して行う

などがありますが、現在後方法が主流です。

参考文献:
整形外科疾患ビジュアルブック  P355〜361
全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患 P290・291・294
脊柱側弯症のしおり

最後に

今回の側弯症についてまとめます。
  • 脊柱が、左右どちらかにねじれ(回旋変形)している病態を側弯症という
  • 特発性側弯症が、側弯症の70%を占める
  • 特発性の詳しい原因は不明
  • 肩の高さが左右に差・肩甲骨の突出・腰の高さの非対称・胸郭変形・肋骨や腰部の隆起などが確認できる
  • 臨床症状・X線検査・MRI検査などで診断
  • 軽度の特発性側弯症では、保存療法(運動療法・装具療法)
  • 重度の側湾症(45〜50°)では手術(後方法)が選択される

 

息子の場合は、寝る際の向き、スイミングでの泳ぎ方の矯正(まっすぐ泳げるように)、体幹ストレッチを指示されただけで経過観察となりました。

まずは、同じ方ばかりで荷物を持っていないか、同じ方ばかりを向いて寝ていないか、などをチェックしてみるのも改善への一つの方法でしょう。

 

Sponsored Link

関連記事はこちら