人間には206個の骨が存在し、様々な様式で連結しています。

そして、2つ以上の骨が連結されている部分を関節といいますが、この関節にはどんな種類があり、働きをしているのでしょう?

今回は、関節(英語表記で「joint」)について

  • 種類
  • 仕組み
  • 機能

を分かりやすく図とともにご説明します。

スポンサーリンク

関節とは?

最初にご説明しました通り、人間の人体にある骨と骨とを連結する、2つ以上の骨が連結されている部分を関節といいます。

その関節は、主に

  • 関節腔を持たない不動性の関節
  • 関節腔を持つ可動性の関節

とに分けられます。

関節の種類は?

関節は、関節頭・関節窩の形状や働きによって

  • 多軸性球関節
  • 二軸性楕円関節・鞍関節
  • 一軸性蝶番関節・車軸関節
  • 運動軸なし平面関節

という6つに分類されます。

医師
それぞれについてご説明します。

球関節(きゅうかんせつ)

肩関節股関節がこの球関節があり、球状の関節が対側の関節窩の中を回転することで、あらゆる方向に可動域を持ちます。

そのため、この関節のおかげで、肩を回したり、足を上げたりといった動きができるようになるわけです。

楕円関節(だえんかんせつ)

橈骨手根関節(読み方は「とうこつしゅこんかんせつ」掌の付け根)・顎関節がこの楕円関節で、楕円体になった2つの軸が中心となって回転します。

鞍関節(あんかんせつ)

母指の手根中手関節(しゅこんちゅうしゅかんせつ)・胸鎖関節(読み方は「きょうさかんせつ」鎖骨の胸骨端と胸骨の鎖骨切痕との間の関節)があり、鞍状の関節面が直に交わるように向き合い、2つの軸を中心にして回転運動をおこないます。

蝶番関節(ちょうばんかんせつ)

肘関節(腕尺関節)や膝関節がこの蝶番関節にあたり、一方向だけに回転運動するという蝶つがいのような働きをします。

車軸関節(しゃじくかんせつ)

肘関節(上橈尺関節)や環軸関節がこの車軸関節にあたり、片方の関節が車軸の役割となり、もう片方の関節窩の中を回転します。

平面関節(へいめんかんせつ)

足根中足関節(そっこんちゅうそくかんせつ)や椎間関節などがあり、両方の関節面が平面なため、運動軸がないため、関節可動域も狭くなっています。

関連記事)【保存版】骨の成長の仕組み!骨芽細胞・破骨細胞とは?

関節の仕組みとは?

最初にご説明しました、不動関節可動関節ですが、それぞれに分けて仕組みをご説明します。

不動関節

その名の通り動かない関節ですが、連結する種類が線維性連結・軟骨性連結・骨連結とあります。

線維性連結

骨が線維性の結合組織によって連結されているもので

  • 頭蓋骨
  • 靭帯の連結
  • 歯と歯茎

などがあります。

軟骨性連結

軟骨によって連結されているものですが、硝子軟骨結合・線維軟骨結合とに分類され

  • 椎間板
  • 恥骨

などがあります。

骨連結

複数の骨が融合して1つの骨となったもので

  • 腸骨
  • 恥骨
  • 坐骨が結合した寛骨

などがあります。

可動関節

通常、関節といえば、この可動関節のことをいいます。

関節面は関節軟骨で覆われ、それぞれ凹凸の形状となっていて凹面を関節窩凸面を関節頭といいます。

この関節窩と関節頭の間には関節腔と呼ばれる隙間があり、線維膜と滑膜の2層の関節包で覆われています。

また、この関節腔内はヒアルロン酸などの髄液が存在します。

スポンサーリンク

関節の機能は?

関節の機能は、骨と骨とをつなぐクッションとしての役割をする不動関節と、動きを作り出す可動関節ですが、関節を軸として骨が動きます。

ここでは可動域の主軸となる可動関節についてご説明します。

可動関節があるのは

  • 背軸
  • 手の指
  • 足の指

などです。

つまり、これらを動かすことができるのは、関節の働きによるもので、この部分の関節が障害を受けると関節機能障害を起こし、様々な症状が出現します。

参考文献:整形外科疾患ビジュアルブック  P8〜9
参考文献:全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患 P42〜45

最後に

  • 2つ以上の骨が連結されている部分を関節という
  • 関節は、関節頭・関節窩の形状や働きによって、球関節・楕円関節・鞍関節・蝶番関節・車軸関節・平面関節に分けられる
  • 動かない不動関節と、軸となり骨と骨を動かす可動関節がある
  • 関節は骨と骨とをつなぐクッションとなり、骨と骨を動かす軸となる

 

頭から足、指先にまで骨はあり、さらに骨と骨をつなぐ関節があります。

この関節に障害が出ると、可動域に制限が出て、痛みをともなうことも多くなっています。

スポンサーリンク

関連記事はこちら