泣きすぎて「涙腺(るいせん)崩壊する〜」なんて言葉を耳にすることがありますが、その涙腺がどこにあるのかご存知ですか?

そう言われてみると、目のどこにあるのかわからないわ。

涙腺は涙を分泌する場所なので、「たくさん涙が出る=涙腺崩壊」という例えが用いられますが、涙は目から自然に溢れてくるので、ここがそうだとピンポイントで答えられない方多いですよね。

そこで今回は、次から涙腺はどこって聞かれても大丈夫!

涙腺(るいせん「Lacrimal gland」)や、その場所について、図や実際のMRI画像を用いて、わかりやすく解説します。

また、その他にも、涙腺の病気や異常などについてもお話ししますね。

ここで覚えて、参考にされてください。

スポンサーリンク

そもそも涙腺とは?

涙を生産するのが涙腺です。

 

あとで説明するように、涙は、鼻涙管(びるいかん)と呼ばれる管を経て下鼻道へ開口します。

下鼻道というのは鼻の奥にある道の一つです。

つまり、涙は鼻に出て行くのです。

ただし、通常は、涙液は鼻に到達する前までに蒸発してしまいます。

しかし、大泣きした場合は蒸発する前に鼻に到達します。

大泣きしたときに、涙だけでなく鼻水まで出るのは、実はこれ・・・鼻水でなく涙液・・・つまり涙が鼻まで到達するためだったんです。

だから大泣きして出る鼻水は、サラサラなんですね。
医師
そうなんです。

また、涙腺から涙が分泌される仕組みは、神経と関わってくるため、感情などに左右され非常に複雑です。

スポンサーリンク

涙腺の場所は?

涙腺は目の上にあります。

詳しくいうと、

眼窩の前上外側隅

にあるのです。

医師
よく目頭側にあると勘違いされている方がいらっしゃいますが、あれは涙点です。

目の上(眼窩部・眼瞼部 )から分泌された涙は、

涙(涙液)→角膜・結膜→涙点(るいてん)→涙小管(るいしょうかん)→鼻涙管(びるいかん)→下鼻道(かびどう)

という経路をたどり、下鼻道へ至ります。

涙腺は上眼瞼挙筋の腱によって

  • 眼窩部(上部)
  • 眼瞼部 (下部)

にわけられます。

しかし、この2つはつながっており、導管(約12本ある)によって上結膜円蓋(上眼瞼の奥)の外側部に開いているのです。

分泌された涙(涙液)は、角膜と結膜の表面を潤しながら内眼角にいき、涙乳頭先端にある涙点から涙小管に入ります。

そして涙小管は、涙嚢(15〜20mmの長さがある)から鼻涙管を経て下鼻道へ至り開口しているのです。

医師
では実際の涙腺をMRIの画像で見てみましょう。
症例 30歳代男性 スクリーニング

MRIのT2強調像という撮影方法の横断像(輪切り)です。

眼球の外側に涙腺を認めています。

症例 50歳代男性 スクリーニング

今度はMRIのT2強調像の冠状断像(前から見た図と考えてください)です。

眼球の両側の上の方に涙腺があることがわかります。

関連記事)

涙腺の病気や異常は?

涙腺そのものの病気というよりも、涙に関する病気や異常が多いですが、

  • 涙腺腫瘍(涙腺の腫大により、眼球突出や複視、眼瞼下垂などが起こる)
  • 涙腺炎(何らかの原因により炎症が起こり、涙が分泌されなくなる)
  • ドライアイ(涙液の量が減るために、目が乾き、充血や目やにの他、視力低下などを引き起こす)
  • アレルギー性結膜炎(アレルギーによって炎症が起こり、涙が出る)
  • 涙道閉塞(涙の排水管がつまり、常に涙で目が潤んだり、涙が溢れる)

などがあります。

関連記事)
解剖学講義 改定2版P521
第4版 イラスト解剖学P565・566

最後に

涙腺について、ポイントをまとめます。

  • 涙を生産するのが涙腺
  • 涙腺の分泌は、神経に関わってくるため、感情によって分泌量が増える
  • 涙腺は、目の上、眼窩の前上外側隅にある
  • 涙(涙液)→角膜・結膜→涙点→涙小管→鼻涙管→下鼻道と続く

 

涙は、人間が分泌する液の中で最も清潔であるといわれています。

そうなると、大泣きして鼻水まで流しても、これも涙が鼻へ到達したものと考えると、恥ずかしさも軽減しますね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら