腹部エコー検査や医師による腹部の診察(触診)で、

「肝腫大(読み方は「かんしゅだい」)がありますね。」

と診断されることがあります。

ところで

  • この肝腫大とは何でしょうか?
  • また肝腫大の原因は何で、どんな症状が起こるのでしょうか?
  • さらに、どのように診断するのでしょうか?

肝腫大について様々な疑問が出てきます。

そこで、今回は肝腫大(英語では、hepatomegaly)についてまとめました。

図(イラスト)や実際のエコー画像やCT画像を用いて解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

医師
ではいきましょう。
スポンサーリンク

肝腫大とは?定義は?

肝腫大とは、何らかの原因により、肝臓が腫(は)れた状態のことを指します。

肝腫大の定義は?

肝腫大の定義としては、肝臓が腫大した結果、右の肋骨弓下に指の幅2本分(2横指)に肝臓を触れた場合とされます。

ただし、指の幅1本分であっても肝臓に圧痛があり、硬さが増していれば肝腫大ありとします1)

肝腫大の原因は?

肝腫大を起こす原因は

  • うっ血
  • 沈着
  • 浸潤
  • 炎症
  • 胆汁のうっ滞
  • 腫瘍

に大きくわけることができます1)2)

医師
一つ一つ見ていきましょう。

肝臓にうっ血が起こる

肝臓のうっ血は肝臓で血流が停滞しており、先の心臓に進みにくいという状態です。

肝臓にうっ血が起こる原因としては、

  • 右心不全
  • 収縮性心膜炎
  • 三尖弁狭窄
  • 下大静脈閉塞、肝静脈閉塞(BCS:Budd-Chiari症候群)
  • 特発性門脈圧亢進症

などがあります。

特に右心不全の場合はほぼ100%に肝腫大が見られるとされます。

肝臓に沈着が起こる

肝臓に何らかの物質が沈着した結果、肝腫大が起こるというものです。

沈着による肝腫大の原因としては、

  • 脂肪肝:脂肪が沈着
  • Wilson病:銅が沈着
  • ヘモクロマトーシス:鉄が沈着
  • 糖原病:グリコーゲンが沈着
  • アミロイドーシス:アミロイドが沈着
  • ポルフィリン症
  • Gaucher病
  • Niemann-Pick病

などが挙げられます。

肝臓への浸潤が起こる

何らかの病態が肝臓へ浸潤した結果、肝腫大が起こるというものです。

浸潤による肝腫大の原因としては、

  • 骨髄増殖性疾患
  • 白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 多発性骨髄症

などが挙げられます。

肝臓で炎症が起こる

肝臓で炎症が起こった結果、肝腫大が起こるというものです。

炎症による肝腫大の原因としては、

  • ウイルス性急性肝炎、慢性肝炎
  • アルコール性肝炎
  • その他のウイルス性肝炎(伝染性単核球症など)
  • 微小膿瘍

などが挙げられます。

胆汁のうっ滞が起こる

胆汁がうっ滞した結果、肝腫大が起こるというものです。

胆汁うっ滞による肝腫大の原因としては、肝臓の中か外かで胆汁がうっ滞するかに分けられ、それぞれ

  • 肝内胆汁うっ滞:原発性胆汁性肝硬変(PBC:Primary biliary cirrhosis)、原発性硬化性胆管炎(PSC:Primary sclerosing cholangitis)
  • 肝外胆汁うっ滞:閉塞性黄疸

などが挙げられます。

肝臓に腫瘍が生じる

肝臓に腫瘍が生じた結果、肝腫大が起こるというものです。

生じうる肝腫瘍には、

などが挙げられます。

スポンサーリンク

肝腫大の症状は?

肝腫大が起こると出る症状としては、

  • 右の季肋部(きろくぶ)に張った感じ・重苦しい感じ
  • 右腹痛
  • 黄疸
  • 全身倦怠感など

があります。

無症状のこともあります。

スポンサーリンク

肝腫大の診断は?

肝臓が腫れていることの診断としては、心窩部や肋弓下の触診で肝の大きさを測定することが一般的です。

しかし、大きさを数値化するために腹部エコー(腹部超音波検査)や、ときに肝臓全体や他の臓器の様子を観察するために腹部CTと言った画像検査で評価されることがあります。

CTは被ばくの問題があるため、腹部エコー検査が第一選択となります。

肝腫大のエコー検査

腹部エコーを用いて肝臓の腫大を評価する方法には大藤らによる評価法3)が最も用いられています。

これは肝臓を左葉と右葉に分けて大きさを測定します。

  • 左葉:最大吸気時に腹部大動脈を含む矢状断像断面で計測します。
  • 右葉:最大描出時に右側の胸壁中腋窩線付近で前額面像で計測します。

この測定法での肝臓の左・右葉径の基準値は以下の通り3)です。

ただしこの測定法は、同じ人を経時的に経過観察をしていくには良いですが、個人間では個人差があるとも言われています。

医師
では実際のエコーの画像を見てみましょう。
症例 30歳代女性 急性肝炎 下のCTの1つ目の症例と同一症例

具体的な肝臓の数値は今回は記載がないのですが、肝臓両葉に腫大を認めています。

腹部エコーにおいて肝腫大と診断されました。

肝腫大の腹部CT検査

腹部CTでは、上下径が15cm以上で、肝腫大と診断することもありますが、通常は横断像で、見た目に腫大していれば肝腫大と診断することが多いです。

また、慢性肝障害や肝硬変では、左葉の腫大・辺縁の鈍化、右葉が萎縮してくる傾向にありますので、左葉と右葉のバランスをチェックすることも重要です。

医師
では実際のCT画像を見てみましょう。
症例 30歳代女性 急性肝炎

ダイナミックCTの門脈相の横断像です。

肝臓は腫大しています。(また、まだらな造影効果を示し、periportal collarあり。)

急性肝炎に矛盾しないCT画像所見です。

平衡相の冠状断像です。

上下径は161mm大と腫大を認めています。

急性肝炎による肝腫大と診断されました。

症例 70歳代女性 直腸癌多発肝転移

肝臓は腫大し、両葉には、低吸収域(黒い部位)が多数認められます。

多発肝転移を疑う所見です。

直腸癌の多発肝転移による肝腫大と診断されました。

症例 50歳代男性

肝臓は腫大しています。

肝臓の両葉には、先ほどもよりもさらに低吸収の肝のう胞が多数認められます。

多発肝のう胞による肝腫大と診断されました。

肝腫大の治療は?

肝腫大の治療はその原因となっている疾患の治療を行います。

最後に

肝腫大(かんしゅだい)についてまとめました。

  • 肝腫大とは、右の肋骨弓下に指の幅2本分(2横指)に肝臓を触れた場合と定義される。
  • 肝腫大の原因は、うっ血、沈着、浸潤、炎症、胆汁のうっ滞、腫瘍に大きく分けられる。
  • 肝腫大の症状には、右の季肋部(きろくぶ)に張った感じ・重苦しい感じなどがある。
  • 肝腫大は医師による腹部の触診の他、エコー検査やCT検査も有用である。

という点がポイントです。

参考になれば幸いです。

1)内科診断学 第2版、医学書院、P538-543
2)肝胆膵の画像診断 秀潤社 P24
3)消化器超音波診断学、医学書院、1985,P43

スポンサーリンク

関連記事はこちら