高いところから飛び降りた際など、足に強い衝撃が加わり、踵骨骨折(しょうこつこっせつ)を起こすことがあります。

文字通り踵(かかと)の骨が折れることなのですが、足の骨にも種類がたくさんありますので、どこの部分の骨がどのように折れるのが分かりにくいですよね。

そこで今回は、踵骨骨折(英語表記で「Calcaneal fracture」)について

  • 症状
  • 分類
  • 診断
  • 治療
  • 治療期間

などを図(イラスト)と実際のレントゲン・CT画像を用いて解説したいと思います。

スポンサーリンク

踵骨骨折とは?

踵骨骨折は、高所から飛び降りた際などに、踵(かかと)から着地して(踵に強い衝撃を受け)起こる足の骨折です。

医師
踵骨は、足の内側後面、踵を触った際に触れる骨のことをいいます。

踵骨は、複雑な形状をしており、関節面の占める割合が大きいため、骨折線がその関節面にまで及んでしまうことが多くあるのです。

踵骨骨折の症状は?

踵(かかと)

  • 強い疼痛
  • 発赤
  • 腫脹
  • 皮下出血

などが見られます。

そのため、踵に荷重がかけられなくなり、歩行に差し支えの出ることが多くあるようです。

スポンサーリンク

踵骨骨折の分類は?

先ほど、関節面に骨折線が及ぶこともあると申しましたが、この踵骨骨折は、関節外か内かで分類が異なります。

関節外骨折

外というのは、骨折線が後距踵関節に及ばないものです。

  • 踵骨突起骨折
  • 骨折が踵立関節に及ぶもの

などが、この関節外骨折に分類されます。

関節内骨折

こちらは逆に、骨折線が後距踵関節に及ぶものです。

  • 転位のないもの
  • 舌状型
  • 陥没型
  • 載距突起単独骨折
  • 粉砕型

などが関節内骨折に分類されます。

また踵骨全体像をみて、Essex-Lopresti分類(エセックス・ロプレスティ分類)により、関節陥没型・舌状型そして、Ⅰ〜Ⅲ度の重症度に分けられます。

医師
外から加わった力を示すのが矢印です。

踵骨骨折の診断は?

臨床症状から踵骨骨折を疑い、骨折を確認するために、X線検査やCT検査などの画像検査が必要です。

側面・軸射像・アントセン撮影の3方向からのX線検査により、骨折の状態を診断し、複雑な形状なものはさらに細かく見るためCT撮影をして治療方針が検討されます。

症例 60歳代男性

左足関節レントゲンにおいて、左踵骨に骨折線を認めています。

左足関節のCT検査の矢状断像において骨折の程度がより明瞭です。

横断像においては骨片が多数あることがわかります。

左踵骨の関節内骨折と診断されました。

症例 40歳代男性

左足関節のレントゲンで、骨折線を認めています。

左足関節のCT検査の矢状断像において骨折の程度がより明瞭です。

左足関節のCT検査の横断像においても骨折の様子がよくわかります。

踵骨のみを3D再構成すると全体の様子がわかります。

左踵骨の関節内骨折と診断されました。

スポンサーリンク

踵骨骨折の治療は?

保存療法もしくは、手術療法が治療法としてあります。

保存療法

  • 徒手整復(骨片を可能な限り元の状態に戻す)
  • 大本法(牽引)
  • ギプス・テーピング(固定)

などの方法があります。

手術療法

  • Westhues法(骨を持ち上げた状態で固定)
  • プレート固定(プレートとスクリューで固定)

などが方法としてありますが、腫脹がある間は縫合が困難となったり、感染症を起こしやすくなるため、受傷後7〜10日経過し腫脹が減退して行います。

症例 60歳代女性

右踵骨骨折(関節内骨折)に対してWesthues法が施行されました。

骨の癒合を認めたためスクリューは後日、抜去されました。

踵骨骨折の治療期間は?

保存療法の場合だと完治までに時間を要しますが、手術の場合は術後6週を過ぎたあたりから部分的に荷重をかけたリハビリを開始し、10〜12週目頃には(全体重をかけた)通常歩行が可能となります。1)

しかし、後遺症を伴うことも多くあり、手術を選択するのか保存療法で済ませるのか、そこの診断が非常に重要です。

参考文献:
整形外科疾患ビジュアルブック  P401・402
全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患 P174
1)参考サイト:一般社団法人 日本骨折治療学会

最後に

医師
踵骨骨折についてのまとめです。
  • 高所から飛び降りた際などに、踵(かかと)から着地して起こるのが踵骨骨折
  • 踵に、強い疼痛・発赤・腫脹・皮下出血などがみられる
  • 関節外骨折と関節内骨折に分類される
  • 画像検査で骨折の状態を確認する
  • 保存療法もしくは、手術療法が選択される
  • 手術を行なった場合、10〜12週ほどで通常歩行可能となる

 

踵骨骨折は、ムリをして歩行を続けると、骨折線がさらに波及してしまう可能性があります。

そのため、受傷後すぐに受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら