脊椎の感染症で、化膿性脊椎炎(かのうせいせきついえん)という疾患があります。

脊椎が化膿してしまう(=細菌感染して膿を作る)というのはどういう状態で、何が原因になるのでしょうか?

また、どのように診断して、治療を行うのか気になるところです。

そこで、今回は、化膿性脊椎症(英語表記で「pyogenic spondylitis」)について

  • 原因
  • 症状
  • 診断
  • 治療

を、図やイラスト、MRI画像を含め、わかりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

化膿性脊椎症とは?

人の背骨(32〜34個の骨からなる)である脊椎に起こる脊髄炎のことを化膿性脊椎症といいます。

脊椎の骨組織や椎間板に、細菌が侵入したことで炎症が起こる疾患です。

化膿性脊椎症の原因は?

  • 黄色ブドウ球菌
  • MRSA
  • 真菌

などが原因菌となりますが、大半は黄色ブドウ球菌です。

その細菌による感染経路として、そのほとんどは血行感染で、血液中に原因となる菌が侵入して、椎体に逆流することで感染します。

また血行性以外では、手術や検査(開放骨折・穿刺・外科手術など)で直接感染することもあります。

とくに高齢者や術後など、免疫抵抗力が低下した易感染性宿主に増加しています。

そのため、化膿性脊椎炎に感染する人は近年増加傾向です。

スポンサーリンク

化膿性脊椎症の症状は?

  • 発熱
  • 腰背部痛
  • 頸部痛
  • 悪寒
  • 脊柱の不撓性(ふぎょうせい「屈曲制限」)
  • 圧痛
  • 運動痛
  • 神経症状(麻痺)

などがあります。

発熱や腰背部痛・頸部痛などで発症し、スムーズな動きができなくなっていきます。

症状の進行にともない肉芽組織や膿瘍を形成し、膿瘍が脊柱管内に侵入した場合・椎体破壊によって脊柱管が圧迫された場合、神経症状があらわれることもあります。

また、進行し重篤な状況に陥ると、敗血症を併発し、易感染性宿主の場合命に関わることもあります。

関連記事)

化膿性脊椎症の診断は?

  • 血液検査
  • 細菌検査
  • X線検査、CT検査
  • MRI検査

などをおこない診断します。

医師
それぞれについて説明します。

血液検査

  • 白血球増多
  • 赤沈値亢進
  • 炎症反応

がみられます。

その中でも、炎症反応でCRPが陽性となった場合感染症を疑い、細菌検査をおこないます。

細菌検査

原因菌を検出するためにおこなわれる検査です。

通常、血液を培養して菌を検出する血液培養が行われます。

腰椎X線検査・CT検査

  • 椎間板腔の狭小化
  • 椎体終板の不整像
  • 骨融解像
  • 椎体の侵食
  • 椎体の破壊

を確認することができます。

症例  60歳代男性  腰痛、発熱

腰椎CTでL5/Sに椎体終板の不整、骨の融解像を認めています。

MRI検査

早期に病変を描出する際は、MRIが有用です。

  • T1強彫画像で低信号
  • T2強調画像で高信号
  • STIR像や脂肪抑制併用T2強調像で、 病変部が明瞭な高信号

となります。

また、結核性脊椎炎・転移性脊椎腫瘍との鑑別も重要です。

症例  60歳代男性  腰痛、発熱 上の症例と同一症例

L5/SにT1強調像で低信号、STIRで異常な高信号を認めています。

またMRIでも

  • 椎体終板の不整像
  • 骨融解像
  • 椎体の侵食
  • 椎体の破壊

といった様子がわかります。

化膿性脊椎炎と診断され、加療されました。

この症例のMRI画像を実際に見てみる(PCもしくはタブレットからどうぞ)→化膿性脊椎炎のMRI,CT画像所見

症例 90歳代 女性 発熱・背部痛

Th12/L1にT1強調像で低信号、STIRで異常な高信号を認めています。

T2強調像ではT2強調像で椎間板に液体貯留を疑う高信号を認めています。

椎体の背側にもやや液体貯留を疑う高信号あり。

化膿性椎体炎及び周囲炎症波及、膿瘍形成と診断されました。

この症例のMRI画像を実際に見てみる(PCもしくはタブレットからどうぞ)→化膿性脊椎炎のMRI画像所見

化膿性脊椎症の治療は?

保存療法と手術療法があります。

保存療法

  • 局所安静
  • 抗菌薬の投与
  • 装具療法

により、回復を待ちます。

抗菌薬は、起因薬を特定した後に選択されます。

早期であれば、保存療法で治療できることも多くあります。

しかし、保存療法で回復しない場合や、椎体破壊や麻痺症状があらわれた場合、手術が検討されます。

手術療法

病巣を取り除き、患部の洗浄(除菌)をする必要がありますが、骨破壊が進行している場合には、骨固定術・骨移植が検討されます。

また、手術をおこなった後でも、菌感染に対する管理は重要です。

参考文献:整形外科疾患ビジュアルブック  P135〜137
参考文献:全部見えるスーパービジュアル整形外科疾患 P98・99
参考文献:骨軟部疾患の画像診断 第2版P276・277
参考文献:100%整形外科P197〜204

最後に

  • 細菌感染が原因で脊椎に炎症が起こる疾患を化膿性脊椎炎という
  • 血行感染が多いが、手術や検査による直接感染が原因
  • 発熱・腰背部痛・頸部痛などで発症する
  • 血液検査・細菌検査・X線検査・MRI検査により診断される
  • 保存療法もしくは、手術療法が選択される

 

個人差はありますが、一般的に1年ほどの治療期間が必要といわれています。

また、症状が落ち着いてきたと思っても、ムリをすると再び症状があらわれることもありますので、ムリをせず検査で経過をみながら治療を進めることが重要です。

スポンサーリンク

関連記事はこちら